神楽・乱拍子
- KAGURA, RANBYOSHI-
     
                 
   
  一転、舞台は上からの照明ひとつだけのストイックな空間へ。舞台奥には、紗幕が配置されゆったりとした太鼓の独奏とシテ方による「神楽」の世界。次第に笛、小鼓、大鼓が加わり又シテ方も入れ替わり「女舞」へ。はらはらと舞い落ちる花びらが、時間を古へと誘う。