石橋
- SHAKKYO-
     
                   
     
                   
  最後の演目、「石橋」。スクリーンには、猛スピードの雲塊が次第にけたたましく青白く轟く雷へと変化、 地鳴と雷鳴が観客にインパクトを与える。そのような空間の流れを受けて、舞台上では、今回特別にしつらえられた2体の獅子が、静寂と乱舞を繰り返し、場のエネルギーを自由にコントロールし大自然の深い威力を伝える。そしてついに、けたたましい笛の音により終焉が告げられた。